自分でハクビシン駆除をする前に知っておいた方がいいこと

ハクビシンを駆除するまでの大まかな流れを知ろう ハクビシンを駆除するまでの大まかな流れを知ろう

放置は禁物~ハクビシン駆除は業者に頼んだ方が楽~

自力でハクビシン駆除を行うのであれば許可や資格が必須となってきます。ハクビシンをこれ以上放置したくないという場合は、自分ですぐに駆除しようと考えてしまうこともあります。しかし、駆除するためにかえって時間がかかる可能性もあるのです。

放置したハクビシン駆除をする前に知っておきたい事

勝手にハクビシンを捕まえたり、傷つけたりするのは禁止されています(害獣駆除業者)

ハクビシンは法律によって許可なく捕まえることが禁止になっているのです。これはハクビシン駆除を自力で行なおうと考えている人は絶対に知っておきましょう。当然ハクビシンを傷つけることもやってはいけない行為なので気をつける必要があります。ハクビシン駆除を自力で行う場合は、市や県からハクビシン駆除の許可をもらわなければいけません。

自分でハクビシン駆除したい時は?

ハクビシンを追い出す方法として追っかけまわすということがあります。他にも生け捕りというハクビシン駆除方法がありますが、この生け捕りを行うには申請をしなくてはなりません。有害鳥獣駆除の申請を市や都道府県にしましょう。この申請をしない限りは、自分でハクビシン駆除をすることは不可能だと考えておいてください。また罠を使った捕獲方法には資格が必要になることも忘れてはいけません。申請をしてから通常1ヶ月以内では許可が下ります。しかし1ヶ月間ハクビシンを放置しなければいけないので、その間に被害は拡大する可能性があります。被害の拡大を防ぎたいのであれば、ハクビシン駆除業者に依頼してすぐに駆除を済ましましょう。

被害を早く食い止めたいなら業者に任せた方が良い

ハクビシン駆除を自分でするのであれば、許可をもらうことが必須条件となります。またハクビシン駆除をする際に用いられる罠を使用する場合も、資格が必要となるのです。許可をもらったとしても資格がなければ、罠で捕獲することはできません。自分で駆除を行うのは非常に面倒なため、ハクビシン駆除は業者に依頼した方が良いといえるでしょう。

TOPボタン