ハクビシンについて知ろう~被害が拡大する前にハクビシン駆除~

ハクビシンを駆除するまでの大まかな流れを知ろう ハクビシンを駆除するまでの大まかな流れを知ろう

放置したハクビシンの生態・習性について調査

屋根裏に住み着いたハクビシンを駆除する前に、まずハクビシンという動物の生態を知っておきましょう。ハクビシンに関して正しい情報を入手しておくことで、ハクビシン駆除の重要性を知ることができます。ここではハクビシンの生態を紹介していくので参考までにチェックしてみましょう。

ハクビシンの生態について知ろう

ハクビシンってどういった動物なの?
ハクビシンは夜行性の動物として知られています。明るい時間帯は寝て過ごすことが多く、外へ出ることはあまりありません。しかし夜になると活発に動き回るようになります。ハクビシンは雑食性で肉や野菜、果物など何でも食べます。時には昆虫を食べることもあるのです。雑食性ですが特に好物としている食べものがあります。それは甘い果物です。そのため、リンゴや梨など甘い食べ物を求め、果樹園に出没することがあるのです。

恐るべき繁殖力

繁殖力が高い動物といえば、多くの人がねずみを連想するのではないでしょうか。ねずみは年間に50匹近くの子供を産みます。これはハクビシンも繁殖力で負けていません。ハクビシンは一回の分娩で約1頭~5頭を産むのです。それも年間を通して交尾をしているので、どんどん繁殖していきます。ハクビシンは、生後10ヶ月を過ぎると出産できる体になるため、その子どもも交尾を行なっていくのです。ですからハクビシンを1年くらい放置しておくと、数が一気に増えるため気をつけましょう。

TOPボタン