ハクビシン駆除をして被害の拡大を最小限に抑える

ハクビシンを駆除するまでの大まかな流れを知ろう ハクビシンを駆除するまでの大まかな流れを知ろう

放置した事で起きてしまった害獣トラブル

野生のハクビシンが家に侵入したらろくなことがありません。人の生活に支障が出るほどの害を与えるので、ハクビシン駆除はしっかりと行ないましょう。

ハクビシン駆除をせずに放置すると起きてしまう事

異臭が発生する
ハクビシンが家に侵入すると、家中が異臭に包まれます。その主な理由としては、糞や尿によるものが多いです。特にハクビシンの尿の臭いはきつい匂いがします。ハクビシンは同じ場所に何度も糞や尿をする習性があります。そうすると臭いがどんどん溜まっていき、家中に異臭が広がります。
ノミやダニのせいで赤い湿疹が出る
野生で暮らしているハクビシンの体にはノミやダニが多く住み着いています。そのため、家に侵入してくれるとダニやノミをばらまいていきます。ダニやノミによって刺されると、赤い湿疹などの症状が出るので注意しておきましょう。
屋根裏から足音がする
ハクビシンは猫と同じように夜行性の動物です。ですから夜になると活動を開始します。そのため、屋根裏に潜んでいるハクビシンが、夜中になると走り回り大きな音がすることが多々あるのです。この音によって寝付けないと悩む人もいます。

放置すると悪化する危険性がある

屋根裏にハクビシンが居る事は知っていたのですが、別に何もしないし、可愛いから何もしていませんでした。異臭や足音、体の湿疹以外にも考えられるトラブルってありますか?
ハクビシンは同じ場所に何度も糞や尿をするので、屋根裏に住んでいるのであれば、そのうち屋根にシミができるのです。酷い場合は、屋根が腐って糞が溜まっている部分だけ抜け落ちてくる可能性があります。

被害に遭っているなら即ハクビシン駆除

放置してしまったハクビシンは駆除専門業者に任せて下さい(害獣駆除業者)

ハクビシンを自分で駆除する気になれない場合は、我々ハクビシン駆除業者にお任せください。経験豊富なスタッフがハクビシン駆除を致します。ハクビシンによって受ける被害は数多くあります。ハクビシンから直接攻撃されることがないにしろ、日常的にする糞や尿は非常に不衛生です。ハクビシンの糞には大量の病原菌が含まれているので、人の体にとっては有害なものといえるでしょう。直接手で触れるようなことがなくても空気中に菌が浮遊することあるので、知らないうちに健康被害を受けることもあるのです。

業者が行っているハクビシン駆除の流れ

調査

ハクビシン駆除を行う時に大事になってくるのが、出入り口の調査です。侵入経路を特定することによって、ハクビシン駆除作業がスムーズに進むようになります。ハクビシンは体が細長いので、狭い場所でも侵入することができるのです。ですから見落とさないために隅々まで調査していきます。

ハクビシン駆除を行う

追い出しや罠を使用しての捕獲などをしていきます。追い出しでは、忌避剤を使ってハクビシンを追い出します。捕獲では、罠を至るところに設置してハクビシンを捕獲します。罠による捕獲作業によってハクビシン駆除が行なわれることが多いです。

点検をして再確認

ハクビシンの追い出しや罠による捕獲が完了したら、最後に点検を行ないます。点検では、ハクビシンがいるかいないかを確かめるためにあえて餌を置くのです。餌を置いてしばらく放置します。餌が食べられていないことを確認したら、屋根裏を完全封鎖して確認終了です。

放置せずに発見したらハクビシン駆除を行なおう

ハクビシン

ハクビシンは見た目が可愛いので、見かけても放置してもいいかなと思うこともあるでしょう。しかし人の多くの被害を与えるので発見したら見逃さずに、ハクビシン駆除を行なってください。

TOPボタン